インターネット検索で調べたクラウドの詳細

私がクラウドを調べて分かったことについての詳細です。クラウドの正式名称はクラウドコンピューティングです。詳細ですが自分で作ったデータをパソコンなどに保存するのではなく、インターネット上に保存する使い方、サービスのことです。これを利用すれば、自宅、会社、ネットカフェ、学校、図書館、外出先などから、ネットが繋がる環境であればデータを閲覧、編集、アップロードすることが出来ます。またこれを利用して、同じデータを複数の人で共有するグループウェアのような使い方も出来ます。私も自宅のパソコンでいろんな資料を作って、パソコン内部に保存してますが、自宅以外でその資料を閲覧、作成などするには、外部メモリーにコピーして持ち歩かないといけないです。しかしクラウドを利用すれば、データを持ち歩かなくて良いことと、ネット環境があればいつでも見れる点が良いところだと思います。

実際の利用は個人では難しいことが考えられます。主に企業が利用するもので、コストを抑えるために導入するものだと思います。従来のコンピューター利用は、企業がコンピューターのハードウエアー、ソフトウェアー、データなどを企業が保有、管理していたのに対し、クラウドでは企業がインターネットの向こう側からサービスを受けサービス利用料金を支払う形になります。実際クラウドを利用するにあたって用意すべきものは、パソコンや情報端末、その上で動くネット環境です。最後にクラウドサービスの利用料金を支払うものになります。

Copyright (C)2017クラウドサービスについて詳しくなろう.All rights reserved.